banner

中古車オークションでの購入費用

中古車オークションでの購入費用はいかほど

中古車は中古車販売店を利用するのが一般的でしたが、最近では中古車オークションを利用する人が増えています。中古車販売店ではディーラー系の販売店とそれ以外の販売店しか選べなかったわけですが、中古車オークションが利用できることで販売業者と購入車両の選択肢が格段に広がったといえます。

中古車オークションは入札を行って落札する形式を取るため、必ずしも希望価格で落札できるわけではありませんが、たくさんの車両を取り扱っているため選択の自由度と予算の設定に融通がきくメリットがあるのです。中古車オークションは個人では参加することができませんので、オークション参加資格のある代行業者に依頼することになります。

基本的な流れは、希望車種と価格帯を指定し希望に合った車両を代行業者が落札する形となってきます。オークションには落札価格の他にも複数の手数料が掛かりますが、業者によって手数料の取り扱いや契約内容が異なるためしっかりと確認してから依頼する必要があります。

オークションには代行手数料や応札手数料、オークション会場に支払う手数料などが必要になってきます。依頼者は購入価格の予算を代行業者に伝えますので、これらの手数料を含んだ状態で希望予算となる車種を落札するのが一般的です。ですから、落札価格に手数料を含んだものが車両本体価格として見積書に計上され、諸費用や陸送費が加算されて支払総額となるのが普通です。

しかし、代行業者によって内容が異なってくるため、依頼する前にしっかりと確認する必要があります。また落札した車両の状態によっては整備をしなければ乗ることができない場合もありますし、車検が切れている場合には支払総額が割高になってしまうことになります。中古車オークションは、オークション会場が近くにない場合でもインターネットを利用すれば全国から落札することが可能です。

中古車オークションの注意点として、オークション会場から代行業者までの陸送費がかかってしまう点があります。陸送費は遠ければ遠いほど割高になりますし、陸送費は全て購入者の負担となるのが普通です。良い車両を安く購入できるのが中古車オークションのメリットと言えますが、陸送費まで加えてしまうと近くの中古車販売店を利用したほうが経済的な場合もあるのです。

中古車オークションでは安く購入できることがメリットではなく、選択肢が増えるためコンディションの良い車両や希少車を選べる点にメリットがあると言えます。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで安く中古車を買っても損しないためにAll Rights Reserved.